人形供養・・日本人って・・

dsc_2955-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

dsc_2954-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

至誠会館のイベントで初めてお人形の供養をさせていただきました。
いままで大切にされていたお人形をお持ちいただきましたので、祭壇のところに飾らせて頂き、ご住職にお経をあげて頂きました。
皆様、「捨てられなくて、困っていたのよ~」「捨てるのがかわいそうで」などとおっしゃり、お焼香をして頂くと、安堵された表情になられたのが印象的でした。
お経を最後まで聞いていかれる方もいらっしゃいました。
お人形に魂を感じ、家族のように大切にし、ゴミとして捨てられない、供養してほしいと願うお姿がとても日本人らしいと思いました。

海外で暮らすと、人がものに対して魂を感じ、話かけたり、愛でたりすることがあまりないなと感じます。
日本人特有の優しさ、温かさはきっと小さいころから、「そんなことしたら、お人形さんがかわいそうでしょ!」「くまちゃんが泣いちゃうよ」などと母親が教えてくれる所からつながっているんでしょうね。

皆様と大切な時間を共にしてきたお人形さんたちは、しっかりと供養させて頂きましたので、ご安心ください。

スタッフ M

——————————————————————-
埼玉県戸田市・さいたま市・蕨市の安心のご葬儀は
熊木式典株式会社 メモリアルホール至誠会館
http://www.shiseikaikan.co.jp